ホーム » 知恵袋#008

知恵袋#008

Control知恵袋

Connectサービス便り:Vol. 08
2019-08-30

 第8回 テーマ 『コマンド実行』

1) コマンド実行

Angowl

ConnectWise Controlではブラウザから遠隔端末へコマンドを送信することができます。
この方法では、ビューアーを立ち上げる必要はありませんし、ライセンスも消費されません。

Step 1.

コマンドの送信は、セッション詳細カラムのコマンド・タブ内で行います。
(下図)

yajirushi

「セッション詳細カラム」画面

Step 2.

テキストボックスにコマンドを入力して、右の「実行」ボタンをクリックします。(下図

yajirushi

すると下図❸ のように、テキストボックスの上にコマンドの入力と出力が表示されます。,★Tip: 上図❸ の右上にある[X]をクリックすると、その項目は履歴から削除されます。,【注意】:ログ自体が削除されますので、後で確認できなくなります。

【注意】:ログ自体が削除されますので、後で確認できなくなります。

┃ TIP: 複数のコマンドを続けて実行

Angowl_minipointer_mono

複数のコマンドを続けて実行したい場合は、「Shift+ENTER」で改行を挿入します。

Usersディレクトリの内容を確認したい場合は、下図 のように入力します:

Usersディレクトリの内容を確認したい場合は、下図❹ のように入力します:

Angowl_minipointer_mono

ConnectWise Controlは、PowerShellのコマンド送信にも対応しています。

コマンドの前に「#!ps」の行を追加するとPowerShellへ言語を変更することができます(下図

コマンドの前に「#!ps」の行を追加するとPowerShellへ言語を変更することができます(下図❺) :

┃ 応用 : 複数の端末に一斉にコマンド実行

Angowl_minipointer_mono

ConnectWise Controlは、複数の端末に対して一斉にコマンドを実行することもできます。

各セッションの左にあるチェックボックス「□」にレ点を付け、第4カラムのメニューから「コマンド実行」を選択します。(下図

各セッションの左にあるチェックボックス「□」にレ点を付け、第4カラムのメニューから「コマンド実行」を選択します。(下図❼)

セッショングループ内のセッション全てを選択したい場合は、一番上のチェックボックス「 □ 」をクリックしメニュー画面が表示されたら、「選択」をクリックします。(下図

セッショングループ内のセッション全てを選択したい場合は、一番上のチェックボックス「 □ 」をクリックしメニュー画面が表示されたら、「選択」をクリックします。(下図❽),★Tip: なお、ConnectWise Controlでは、コマンドの出力は5,000文字までしか表示されません。また、10秒以上応答がないコマンドは、自動的に終了されます。

Angowl

これらのデフォルト値は、Web.Config設定から変更することができます。(下図
 
前者は、MaxCommandResultCharacterCount、
後者は、RunCommandKillAfterMillisecondsにより制御
されています。
詳しくは、第5回 『Control知恵袋』を参照してください。

これらのデフォルト値は、Web.Config設定から変更することができます。(下図❾)前者は、MaxCommandResultCharacterCount、後者は、RunCommandKillAfterMillisecondsにより制御されています。

2) 拡張機能「Command Toolbox」

Angowl

ここでは、コマンド実行に役立つ拡張機能を2つ紹介します。
ConnectWise Controlでは、ある「拡張機能」をインストールすると、「お気に入りコマンド」を事前に設定して実行することができます。

この「拡張機能」をインストールするには、
「管理者メニュー」の「拡張」ページ上部にあるリンク「拡張機能マーケットプレイス」をクリックしてください。(下図

この「拡張機能」をインストールするには、「管理者メニュー」の「拡張」ページ上部にあるリンク「拡張機能マーケットプレイス」をクリックしてください。(下図❿),すると、ウィンドウが立ち上がります。(下図⓫)

右上にあるサーチ・バーに「Command Toolbox」と入力してください。その後、アイコンをクリックし、[Install]ボタンをクリックしてください。(下図

右上にあるサーチ・バーに「Command Toolbox」と入力してください。その後、アイコンをクリックし、[Install]ボタンをクリックしてください。(下図⓫)

Angowl

では、「お気に入りコマンド」の設定に進みましょう。

右拡張ページで、「Command Toolbox」のオプションメニューから「編集」を選択してください。(下図

右拡張ページで、「Command Toolbox」のオプションメニューから「編集」を選択してください。(下図⓭),すると、編集ウィンドウが立ち上がります。(下図⓮)

ここで、「お気に入りコマンド」の名称(CommandName*)と内容(Command*)を設定します。(下図

ここで、「お気に入りコマンド」の名称(CommandName*)と内容(Command*)を設定します。(下図⓮)

「お気に入りコマンド」を実行するには、「ホストページ」で該当するセッションを右クリックし、メニューから「お気に入りコマンド」を選択します。(下図

「お気に入りコマンド」を実行するには、「ホストページ」で該当するセッションを右クリックし、メニューから「お気に入りコマンド」を選択します。(下図⓯)

複数のセッションに対して、「お気に入りコマンド」を実行したい場合は、該当するセッションにチェックを入れ、右クリックメニューから「お気に入りコマンド」を選択してください。(下図

複数のセッションに対して、「お気に入りコマンド」を実行したい場合は、該当するセッションにチェックを入れ、右クリックメニューから「お気に入りコマンド」を選択してください。(下図⓰),すると、ウィンドウが立ち上がります。(上図⓱)コマンドをリストから選択し、右下にある「実行」ボタンをクリックします。

TIP: 編集ウィンドウでは、改行を挿入することができませんが、「上書き保存」機能を使用すれば行うことができます。これで、PowerShellコマンド連続コマンドを保存できます。

3) 拡張機能「User Delete Recent Access Command Events」

Angowl

ConnectWise Controlでは、直前のコマンド履歴を一斉に削除する拡張機能があります。

この拡張機能は、上述の「Command Toolbox」と同じ方法でインストールしてください。

「直前」とは15分前までのことを指しますが、この定義を変更したい場合は、拡張機能のオプションメニューから「編集」を選択してください(下図)。

「直前」とは15分前までのことを指しますが、この定義を変更したい場合は、拡張機能のオプションメニューから「編集」を選択してください(下図⓲),すると、ウィンドウが立ち上がります。(下図⓳)

「カスタム値を設定し、右下にある「保存」ボタンをクリックしてください。(下図

カスタム値を設定し、右下にある「保存」ボタンをクリックしてください。(下図⓳),保存後は、デフォルト値の15分前から60分前に設定変更されます。

Angowl


この拡張機能は、「管理者ページ」のユーザーアイコン・メニューから実行します。
 
【注意】ログから履歴が削除されます!

この拡張機能は、「管理者ページ」のユーザーアイコン・メニューから実行します。,【注意】ログから履歴が削除されます!

Angowl

『Webからコマンドを実行して、作業を省略しましょう。』

 
 

#

ページの先頭へ