ホーム » 知恵袋一覧 » 知恵袋・第9回「ホストパス」

Control知恵袋

Connectサービス便り:Vol. 9
2019-09-30

知恵袋・第9回「ホストパス」

Angowl

ホストパスは一時的な接続リンクです。 このリンクをクリックすることで、 (利点1)ログイン無しでもホストとしてセッションへ接続することができます。   ホストパスを利用すると、 (利点2)例えば外部の人に緊急対応をお願いする時に、新規アカウントをわざわざ作成する無駄が省けます。   ホストパス発行時に、 (利点3)リンクの有効期限とホストに与える権限を制御することができます。

1) 活用シーン

例1:リモート業務を外注する場合

■ 顧客の問題を解決するためさらに専門知識が必要となり、サポート担当者が、専門の外注者へ依頼します。(下図

■ 顧客の問題を解決するためさらに専門知識が必要となり、サポート担当者が、専門の外注者へ依頼します。(下図❶)

この場合、専門知識が必要なサポートを外注するために、管理者はアカウントを作成します。 しかし、この方法は「問題」があります。(上図❶)

Angowl,minipointer,mono,left

問題とは?

  • 管理者へ発行手続き等が必要。
  • 専門的なサポートを外注するたびに、管理者はわざわざアカウントを作成する必要がある。
  • 外注者がサポート完了後に、アカウントを削除する必要があり管理が面倒。削除を忘れると、セキュリティの脆弱性に繋がる恐れがある。

Angowl_minipointer

この問題は「ホストパス」を発行して解決できます!(下図❷)

おすすめポイント ホストパスを利用すると、

  • 管理者はわざわざアカウントを作成する必要がない。
  • ホストパスには有効期限が設定されていますのでセキュリティも安全。
  • ホストの権限が細かく設定できるので安全。

例2:営業先でネットワーク回線が遅い場合

■ 営業マンが電波がうまく届かない所で、社内のPCに接続してデモを行おうとしています。(下図❸)

■ 営業マンが電波がうまく届かない所で、社内のPCに接続してデモを行おうとしています。(下図❸)

こんな時は(上図❸)、営業先のWiFiを使用できればいいのですが、それには「問題」があります。

Angowl,minipointer,mono,left

問題とは?

  • WiFiのパスワードを教えていただくのはNG。
  • PCを貸してもらうこともできるが、パスワードを残してしまう可能性があるので危険。

Angowl_minipointer

そんな時に、ホストパスを利用して問題を解決できます!(下図❹)

おすすめポイント ホストパスを発行して、それをお客様のPCでひらけば、安全かつ安定な接続でデモを行うことができます。(下図❹)

2) 使用方法

Angowl

では、ホストパスの使用方法をご紹介しましょう。

ホストパスの発行方法

Step 1.
該当するセッションを選択し、「その他」メニューから「ホストパス発行」を選択します。(下図) ★右クリックメニューから選択することもできます。
該当するセッションを選択し、「その他」メニューから「ホストパス発行」を選択します。右クリックメニューから選択することもできます。(下図❺)
Step 2.
すると、下図のようなウィンドウが立ち上がります。 まずは、ホストに与える権限を設定します。(下図
すると、下図のようなウィンドウが立ち上がります。まずは、ホストに与える権限を設定します。(下図❻)
Step 3.
次に、ホストパスの有効期限を設定します。(下図
次に、「ホストパス」の有効期限を設定します。(下図❼)

ホストパスの配布方法

URLの場合
「URL」では、発行されたリンクをコピーします。これをホストへ送りします。(下図
「URL」では、発行されたリンクをコピーできます。これをホストへ配布します。(下図❽)
メールの場合
「メール」では、発行されたリンクをメールでホストへ送ります。(下図
「メール」では、発行されたリンクをメールでホストへ配布します。(下図❾),送信先には、接続リンクが埋め込まれたボタンを含むメールが送られます。(左図❿))

ホストパス接続の表示

Angowl_minipointer

ホストパスで接続しているホストは、ConnectWise Control内では「ホストパスを発行したユーザー名 + (パス)」と呼ばれます。つまり、発行したユーザーの代理になります。(下図

「ホストパス」で接続するホストは、「ホストパス発行したユーザー名+(パス)」と呼ばれます。つまり、発行したユーザーの代理の位置にいます。(下図⓫)
Angowl_minipointer

ログにも同じように記録されます。(下図

ログにも同じように記録されます。(下図⓬)
Angowl_minipointer

ホストパス発行後に、何らかの理由でホストパス無効にしたい場合は、管理者メニューのセキュリティページから取り消すことができます。(下図

「ホストパス」を発行後に、何らかの理由でパスを無効にしたい場合は、管理者メニューのセキュリティページから取り消すことができます。(下図⓭)

【注意】:有効なホストパス全て取り消されますので、ご注意ください。(上図

3) 有効期間の追加

Angowl

上述(図)したように、通常は24時間が有効期限の上限ですが30日間まで選択可能にすることができます。ここでは、その方法を紹介します。

Step 1.

まずは、管理者メニューでユーザーアイコン・メニューから「Web.Config設定」を選択します。(下図

まずは、管理者メニューでユーザーアイコン・メニューから「Web.Config設定」を選択します。(下図⓮)
Step 2.
次に、設定画面で「AccessTokenExpireSeconds」の値を2592000に変更し、設定を保存します。 ★2592000は、30日を秒で表したものです。(下図
次に、設定画面で「AccessTokenExpireSeconds」の値を2592000に変更し、設定を保存します。★ 2592000は、30日を秒で表したものです。(下図⓯),すると、48時間、72時間、1週間、2週間、30日間の選択肢が追加されます。(下図⓰),★Tip: 30日間まで表示したくない方は、上限にしたい期間を「AccessTokenExpireSeconds」の値にすればいいだけです。例えば、1週間まで表示したい場合は、604800と設定します。
Angowl

『今日からあなたもホストパスを使用して、業務効率をさらに高めてみませんか!』