ホーム » 資料一覧 » オンプレミス版の注意事項

オンプレミス版の注意事項

┃オンプレミスライセンスについて
ライセンス発行納品は毎月1日となります。その他の期間をご希望の場合は、無償評価ライセンスをご利用ください。詳しくは「ライセンスとライセンス保守の発行と期間」をご参照ください。
ご利用中にライセンスを追加する場合は、ライセンス追加購入時の既存ライセンスの残存価値を求め、既存ライセンス価値が100%になる差額と追加ライセンス費用を購入し、その日から1年間の保守サポートが受けられます。詳しくは「ライセンスを追加購入する場合」をご参照ください。

┃ライセンス条件
ライセンス&ライセンス保守の発行と期間 ライセンス&ライセンス保守の発行と期間イメージ ■ライセンス基本契約開始日は、毎月1日です。初年度の保守開始(1年間)となります。 ■ライセンス基本契約開始以前については、トライアルをご利用ください。    

ライセンスを追加購入する場合 ライセンスを追加購入する場合イメージ ■ライセンスを追加する場合も毎月1日が開始日となります。 ■ライセンス残存価値は5年(60カ月)で0%となるように計算します。 ■残存価値単位:1ヶ月(ライセンス価格×1/60) ■ライセンス追加購入時の既存ライセンスの残存価値を求め、消費した分の基本ライセンス料と追加ライセンス費用を購入することで、その日から1年間の保守サービスが受けられます。  例)基本ライセンス購入日から6か月後に1ライセンス追加(合計4ライセンス)購入する場合、   ・追加料金=追加1ライセンス料+(購入時ライセンス料-ライセンス残存価値) ※ライセンス追加時から保守1年有効   ・追加料金:360,000+(1,080,000-972,000)=\468,000      
     

ライセンス保守サポート
オンプレミスライセンスの年間保守は、初年度必須です。 オンプレミスライセンスと同数の購入が必要です。 保守期間は「製品アップグレード、アップデート/プログラムの無償提供」、「日本語リソース」の提供、「メールサポート」、『オンラインヘルプ&サ   ポートWEB』サイトをご利用いただけます。 次年度保守更新されない場合は、契約期間の満了日の翌日から会員IDが無効となり「製品アップグレード、アップデート/最新プログラムの無償提供」、「日本語リソース」、「メールサポート」、『オンラインヘルプ&サポートWEB』サイトのご利用ができなくなります。 次年度保守契約を更新日が過ぎた後に再加入する場合、解約日まで辿った全保守期間の購入が必須となります。詳しくは「ライセンス保守満了後に再加入する場合」をご参照ください。  

サポート時間と対応方法
■受付:9:00~17:00(土、日、祝祭日・弊社指定休日除く) ■対応:10:00~17:00(受付後、2営業日以降順次対応) ■メールサポート受付:『オンラインヘルプ&サポート』WEBサイトの専用窓口より ※TEL、リモートでの技術サポートは有償となります。詳しくは、『テクニカル・サポート/有償』、『インシデント制』についてご参照ください。
   
   

┃メールサポート/ライセンス保守(年間)
ライセンス保守対応範囲/メールサポート サーバプログラムのインストール及び更新時における不具合対応 サーバの基本的な設定における問合せの対応 ホスト側及びゲスト側での動作や画面表示における不具合対応 ホスト側の機能に関する問い合わせ対応 その他サーバの不具合と思われる問い合わせ対応 ConnectWise Controlサーバをご購入の担当者様からの問い合わせに対してのみ対応いたします。   下記の事項はサポート対象外となります   ・拡張機能の動作(Translation Extension Builderを除く)
  ・拡張機能自体の日本語表示及び翻訳
  ・カスタマイズ(ロゴ、アイコン、テーマカラーなどのデザイン)部分についてのサポートは、テクニカル・サポート(有償)の場合があります。
   
   

┃次年度保守更新の考え方
ライセンス保守継続更新の場合 ライセンス保守継続更新の場合イメージ 新しいライセンスキーの納品後、マニュアル(手順書)に従ってサーバにキーを適用してください。 継続して保守サポートがご利用いただけます。 購入後、1年でライセンス残存価値が80%となるため、更新時に20%の更新料をお支払いいただくことで、更に1年間の保守サービスが受けられます。  例)既存ライセンス分の年間保守費用    基本3ライセンス(保守)=¥216,000        

ライセンス保守満了後に再加入する場合 ライセンス保守満了後に再加入する場合イメージ 保守再開日は毎月1日です。 新しいライセンスキーの納品後、マニュアル(手順書)に従ってサーバにキーを適用してください。 保守サポートへ再加入後、ご利用いただけます。 保守満了日から再加入までの期間を遡った代金と再加入日からの年間保守費用となります。 例)満了日から6ヶ月後に再加入の場合  ・再加入保守費用=基本ライセンス保守+未加入期間の保守費用  ・再加入保守費用 216,000+108,000=¥324,000        

ライセンス保守更新しない場合 ライセンス保守更新しない場合イメージ 2年目からは保守サービスは受けられませんが、引き続きソフトウェアをご使用いただけます。 満了日の翌日よりライセンス会員IDは無効となり「アップグレード&アップデート」、「日本語リソース」、『オンラインヘルプ&サポート』WEB利用、「メールサポート」がご利用になれません。    

注意事項 ■保守更新のお申込みはメールからの受付となります。 ■保守更新の1ヶ月程前に『Connect サービス』より、保守更新についてのご案内をメールでご連絡します。 ■ライセンス保守更新契約の場合は、初年度と同じ「アップグレード&アップデート」、『オンラインヘルプ&サポート』WEB利用、「ライセンス会員ID」、「メールサポート」がご利用できます。 ■ライセンス保守更新契の場合、プログラムの「アップデート&アップグレード」が有効となる新しい「ライセンスキー」を発行します。 ■新しい「ライセンスキー」をメールで納品します。 ■新しいライセンスキーの納品後、マニュアル(手順書)に従ってサーバにキーを適用してください。 ■保守更新日より1年間保守サポートをご利用いただけます。
   

┃テクニカル・サポート(有償)/追加オプション・サービス
ライセンス保守範囲ではなく、追加オプション・サービスのテクニカル・サポートやコンサルティングのお問い合わせ例 例)・カスタマイズに関する問い合わせ
  ・サーバ及びネットワーク環境の変更やゲスト側の環境に起因する接続障害対応
  ・製品の内部仕様に関する問い合わせ
ライセンス保守範囲外のお問合せについては、追加オプション・サービスの「テクニカル・サポート(有償)」をご利用ください。    

テクニカル・サポート(有償)対応範囲及び範囲外について リモート対応は、お客様サーバがインターネットを閲覧できる環境が必要です。 製品ご購入のお客様のみ対応とし、その先の接続先への対応は行いません。 1コール対応が30分を超える恐れがある場合は、一旦終了し、その後は別コールとして扱われます。 既に運用中のサーバをSSL化構築する場合、既存の登録PCリストを初期化することになります。登録リストを保持したい場合は環境ヒアリング後、別途見積りが必要です。 電話対応可能な項目であっても、リモートができない場合はサポートをお受けできないことがあります。 セキュリティソフトによる障害の疑いがある場合は、一時的にセキュリティ動作を止めて動作確認を取ることに同意いただけない場合は、サポートをお受けできない場合があります。 サーバ本体やOS等システムに関する問い合わせはお受けできません。 PC本体、モニタ、プリンタなどハードウェアに関する質問は、お受けできません。
   
   

┃トライアル ご利用注意事項
■トライアルのお申し込みはメールからとなります。 ■ConnectWise Control オンプレミス(日本語版)のトライアルのご利用期間はトライアルライセンスキーの納品日から30日間です。 ■トライアルご利用開始は、お申込み日から2営業日以降ライセンスの準備が整い次第ご案内します。 ■トライアルをお申込みいただいたのお客様へは、「トライアル会員ID」を発行します。『ConnectWise Controlオンプレミス トライアル専用WEB』サイトにトライアル会員IDでログイン後「サーバ・プログラム」、「日本語リソース」をダウンロードします。 ■インストール方法については、『ConnectWise Controlオンプレミス トライアル専用WEB』サイトにあるマニュアルをご確認いただき、お客様ご自身でインストールしてください。 ■トライアルのご利用期間が過ぎると、ライセンスキーは無効となります。また、トライアル会員IDも無効となります。 ■トライアルについてのサポートは対象外となります。 ■トライアルご利用期間中のお問い合わせについては、『オンラインヘルプ&サポートWEB』サイトの「ご購入前のご相談』フォームからお問合せください。 ■期間延長はできませんので、ご注意ください。 ■競合他社様へのご提供は対象外とさせて頂いております。 ■当ウェブサイト上に掲載されている著作物(マニュアル、資料、PDF等)は法令によって保護されており、その全て、あるいは一部を複製又は模擬することはできません。