ホーム » 知恵袋#006

知恵袋#006

Control知恵袋
Connectサービス便り:Vol. 06
2019-06-28

 第6回 テーマ 『App.Config』

┃ はじめに
Angowl
ConnectWise Controlはウェブアプリケーションクライアントアプリケーション2つの要素により構成されています。
 
第5回の知恵袋でご紹介したウェブアプリケーションの設定と同じように
クライアントアプリケーションの設定は、「管理者メニュー」から一部行うことができますが
高度な設定をするには、サーバー上の「App.Config」というファイルを編集する必要があります。
 
「App.Config」を編集するには、拡張機能「App Web.Config AppSettings」を利用します。

1) 拡張機能のインストール方法
Step.1
「管理者メニュー」の拡張ページを開き、「拡張機能マーケットプレイス」リンクをクリックします。
(下図

yajirushi

「管理者メニュー」ページ

Step.2
ウィンドウ右上のサーチバーで「Edit App.Config AppSettings」を検索し「拡張機能」の
アイコンをクリックし、「Install」ボタンをクリックします。
(下図

yajirushi

インストールが完了したら、右上の 「×」 ボタンをクリックしてウィンドウを閉じます。

2) 拡張機能の使用方法
Angowl
それでは、拡張機能を使用する方法を見てみましょう!
『Step.1』では、(a)と(b)の2つの方法から選択できます。

Step.1 (a)
下図のように拡張機能の「オプション」をクリックし、「Edit App.Config AppSettings」を
メニューから選択する。
拡張機能のオプションメニューから

Step.1 (b)
下図のように「管理者メニュー」の右上にあるユーザーアイコンをクリックし、
「Edit App.Config AppSettings」をメニューから選択する方法があります。
「管理者メニュー」のユーザーアイコンメニューから(a)または(b)の方法で「Edit App.Config AppSettings」をメニューから選択すると、下図❺ の「App.Config Editor」が立ち上がります。

Step.2
ここでApp.Configファイルの編集をします。主にチェックボックスを利用して設定を行います。
太字の項目はデフォルト値です。

yajirushi

Step.3
編集後は、必ず上図右下の[SAVE APP.CONFIG]ボタンをクリックしてください。

3) 人気の設定項目
Angowl
次は、ユーザーに最も利用されている人気の項目をご紹介します。
下記の項目をご参照ください。

┃ 第1カラム「Flag Settings」
┃第1カラム「Flag Settings」❻

1)SupportShowBalloonOnConnect、AccessShowBalloonOnConnect
この選択を解除すると、接続時に遠隔PC上で接続完了を表すシステム通知(下図)が表示されなくなります。

この選択を解除すると、接続時に遠隔PC上で接続完了を表すシステム通知(下図❻)が表示されなくなります。

2)SupportHideWallpaperOnConnect、AccessHideWallpaperOnConnect
この選択を解除すると、 接続時に遠隔PC上の壁紙が非表示にされなくなります。

3)SupportShowBalloonOnHide、AccessShowBalloonOnHide
この選択を解除すると、切断時またはゲストクライアントを閉じた時に遠隔PC上で現れるシステム通知が表示されなくなります。

4)SupportShowUnderControlBanner、AccessShowUnderControlBanner
この選択を解除すると、操作されている側のPCに「このPCは〜により制御されています」のバナー(下図)が表示されなくなります。

この選択を解除すると、操作されている側のPCに「このPCは〜により制御されています」のバナー(下図❼)が表示されなくなります。❽

5)SuspendControlAtStartup
これを選択すると、ホスト入力ブロックが適用された状態で接続します。
もちろん、接続後にクライアントの補助機能メニューでブロックを解除することができます。

6)AlwaysEndSessionsOnExit
これを選択すると、ホストクライアントを閉じる時にセッションを残す選択が表示されなくなり、自動的にセッションは終了されます。

┃ 第2カラム
┃第2カラム❾

7)DisabledCommandNames:
ここで選択した項目に該当するクライアントの機能は無効になり、使用不可能(グレーアウト状態)になります。

例えば、上図❾の「SelectQuality」を選択すると、表示メニュー(下図❿)の「画質」機能が使用不可能になります。⓫[補助機能メニュー]、⓬[ツールメニュー]、⓭[ファイル転送メニュー]、⓮[キャプチャメニュー]、⓯[サウンドメニュー]、⓰[描画メニュー]

┃ 第3カラム「Bitmask Settings」
Angowl_minipointer_mono
第3カラムでは、クライアントメニュー内の特定の機能を無効にするのではなく
メニューごと非表示にする設定を行うことができます。
SupportAccessGuestControlPanelIDs(ゲストクライアント)、
又はSupportAccessHostControlPanelIDs(ホストクライアント)で
非表示にしたいメニューのチェックボックスから 「」を外すだけです。
⓱

Angowl_minipointer_mono
例えば、上図⓱のSupportAccessHostControlPanelIDsで「Helper」と「Status」の選択を解除すると、ヘルパーメニューとステータスメニューが図⓳のようになりメニューバーから消えます。
⓲Before、⓳After

Angowl_minipointer_mono
また、SupportAccessGuestControlPanelIDsで「Status」の選択を解除すると、下図のようになります。
⓴Before、㉑After、注意:App.Config設定は全ユーザーにロールを問わず適用されます。また、設定変更後はクライアントを再インストールしない限り、新しい設定が反映されません。

Angowl
『今日からあなたもApp.Configを使用して、独自の仕様に作り上げましょう!』

 
 

#

ページの先頭へ

Bitnami